簡単レベル2 おかひじきの冷製パスタのレシピ

okahijiki.JPG
おかひじきの冷製パスタの画像


夏休みを楽しんでいるかたも多いのではないでしょうか?
週末をフルに遊んでいるので、ちょっと更新が滞りましたが、簡単野菜レシピはどんどん増えていますよ。

おかひじき」ってご存知ですか?
山形県に自生する野菜で、昔は寒い地方の唯一の青物だったとか。
野菜宅配サービスのOisix(おいしっくす)に入っていた初めての野菜です。

ちょっと茹でて食べてみると、このおかひじき、旨みがしっかりした野菜だったんです。
細めのロングパスタ、カッペリーニと一緒に冷たいパスタに仕上げて見ました。


おかひじきの冷製パスタのレシピ

作り方(調理方法)
材料 2人分
↓おかひじきってこんな感じの、それだけで緑のカッペリーニみたいな形です
おかひじき
 150グラム
カッペリーニ 160グラム
きちんとおいしいエクストラバージンオリーブオイル
醤油
和がらし

@ 湯をたっぷり沸かして、塩をつまみいれます。
A まずはおかひじきを入れて、1分半から2分程度、かじってしゃきしゃきと歯応えが残る程度ですぐにあげます。流水で粗熱をとったらザルで水切り。
B カッペリーニを茹でます。冷製パスタの場合、茹でた麺を冷水で締めるので、アルデンテではなくしっかりと表示の時間一杯茹でます。芯がなくなったらザルに上げて氷水でしめて、水を切ります。
C カッペリーニとおかひじきをボウルに入れて、醤油と和がらしをお好みの分量で。醤油は一人前あたり大さじ1ぱい。よく混ぜて。
D オリーブオイルを1人前あたりこちらも大さじ1ぱい。よく混ぜてオイルと醤油が馴染んだら、出来上がり。

冷蔵庫でよく冷やしたガラス皿に盛り付けます。


さくさくと歯ざわりの良いおかひじき。
醤油で甘みがくっきりと増して、細いカッペリーニとよく絡んで楽しい食感です。

おかひじきもカッペリーニもすぐに茹でられるので、調理時間も短い簡単野菜料理のレシピです。


あまり売っていないのかなぁと思っていたんですが、鎌倉にある鎌万という、鮮魚と野菜の専門店に行ったら、ありました!

山形県のJAのマークの入ったパックにおかひじき。
先日キャンプにもって行って、さっと茹でて辛し醤油で合えたら大人気。

簡単なおつまみにも使える、おかひじきを是非楽しんでみてください!
ちなみにカロチンやビタミンAも豊富、そう、話題のアンチエイジングな食材です。






この記事へのコメント
「メタボ対策・レシピ」管理人と申します。相互リンク(リンク集)をお願い致したく、連絡させて頂きました。なお手違いにより、重複して依頼している場合にはお許し下さい。当方は次の通りです。
(URL)http://www.metabo.rdy.jp/
(名称)メタボ対策・レシピ
(内容)メタボ対策を紹介しています。
(タグ)<a href="http://www.metabo.rdy.jp/" target="_blank">メタボ対策(食事・運動)</a>
*タグはサイト内のカテゴリー「相互リンク・連絡」にも用意しております。なおタグ内は「メタボ対策・レシピ」あるいは「メタボ対策」でもOK。
なお貴方は下記アドレスにてリンクしております。
http://www.metabo.rdy.jp/2009/07/607.html
宜しくお願い致します。
Posted by 「メタボ対策・レシピ」管理人 at 2010年05月03日 16:17
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
料理ランキングに参加中!このレシピちょっと旨そうかなと思ったら応援よろしくです、→にほんブログ村 料理ブログへ