簡単レベル5 掘り立てタケノコで握り鮨、梅風味



takenokohori.JPG


毎年恒例イベントのタケノコ堀り。
神奈川県某所に山を持っている友人の庭?でタケノコ堀りのイベントを開催。

この日は毎年、朝からタケノコを掘って、姿焼きにしたり、春巻きにしたり、タケノコご飯にしたり。まさにタケノコ尽くしの一日。

写真のように先端が黄色いものが穂先まで柔らかい証拠。
何故ってまだ土に埋まっているものを上手に見つけるとこのように黄色い。
ところが、土から出てくると先が竹のような緑色に変わり始めるので、この時点から徐々に固くなってしまうのです。


翌日は握り鮨を作る集まりがあったので、朝掘りタケノコで春の香りきわまる、タケノコの握り鮨を作ることにしました。

タケノコの握り鮨、梅風味の続きを読む
【春の旬、タケノコのレシピの最新記事】
posted by 炊事当番 at 16:59 | Comment(0) | 春の旬、タケノコのレシピ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


簡単レベル3 千切りジャガイモとオリーブのパスタレシピ


potato_pasta.JPG


代官山にあるイータリ(EATALY)はイタリアからの輸入食材がすごいとの噂。駅から3分程度のところに外国人の客があふれている。

レストランを併設したスーパーの棚には何種類ものオリーブオイル、アンチョビ、パスタが並んでいる。

奥のコーナーには生ハムやチーズが販売され、薄くカットされた生ハムは聞いたこともないような名前のハムがずらり。


今日の目的はオリーブ
先日封を切ったばかりの本場イタリアのエクストラバージンオリーブオイルがとてもおいしかったから、オリーブそのものをきちんと味わいたい。



千切りジャガイモとオリーブのパスタレシピ続きを読む
posted by 炊事当番 at 08:56 | Comment(0) | ジャガイモ(じゃがいも)のレシピ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


簡単レベル5 生ひじきと卵の生春巻きのレシピ


namaharumaki.JPG


春の海の中は実は海藻がわさわさ。
ワカメはもちろんのこと、ひじきもたっぷりとしたボリュームで、底の岩から生えてくる。


日頃海底でゆらゆら波にゆられている海藻も、春の大潮で潮が引くと一斉に顔を出す。
潮干狩りも楽しいけれど、今日は磯遊び。潮溜まりのそばにはウグイス色というか若草色のひじきが見え隠れする。

生ひじきのうまさの秘密はその、下拵えにあるんです!


生ひじきと卵の生春巻きのレシピの続きを読む
posted by 炊事当番 at 07:52 | Comment(1) | 磯の香り、海藻のレシピ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


簡単レベル1 人気カレー店のオニオンピクルスのレシピ


onionpickles.JPG


JR御徒町駅を出て、松坂屋を過ぎて信号を渡る。
そのまま3分も直進すると右手に見つかるカレー屋さん。


銀座デリー上野店。
昭和31年に開店した日本での本格的なカレーショップの草分け的存在。


一番のオススメは辛さ★★★★★のカシミールカレー。
ちょっと黒っぽく、スープ状のサラサラしたカレーで、ごろりとしたチキンに焼き上げたポテトが入っている。


カウンターにあるのは福神漬けではなく、オニオンピクルス

大人気のオニオンピクルスのレシピにはレモンが欠かせなかったのだ。


生ひじきと卵の生春巻きのレシピの続きを読む
posted by 炊事当番 at 09:13 | Comment(0) | ネギ(長ネギ、玉葱)のレシピ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


簡単レベル2 サクサク!皮付きレンコン、ベーコンソテーのレシピ



rencon.JPG


最近までレンコンはほとんど皮を剥いて、アク抜きして、というのが当たり前のレシピかと思ってました。


が、これを見た方は是非試して欲しい、皮付きレンコンレシピ

皮を剥かずに丸ごと網焼きすることで、簡単に調理ができるレシピ、繊維もたっぷり。


皮付きレンコン、ベーコンソテーのレシピの続きを読む
posted by 炊事当番 at 16:31 | Comment(0) | 皮付きが最高、レンコンレシピ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


簡単レベル2 しっとり感アップ!ざく切りキャベツのお好み焼き

okonomiyaki.JPG


野菜をたくさん摂り始めてから、もっとも食べる頻度が高いキャベツ

野菜炒めに入れたり。
刻んで揚げ物に添えたり。
しゃぶしゃぶやすき焼きにも結構合うキャベツ。

テレビで紹介されたお好み焼きの名店店長曰く、

「お好み焼きに入れるキャベツは絶対細かくしないでください。ざっくり切ると味が断然違いますから。」

とのこと。


あまりでかいとバサバサのお好み焼きになるのではと思いつつも、ざく切りキャベツのレシピにチャレンジ。

ざく切りキャベツのお好み焼きレシピの続きを読む
posted by 炊事当番 at 11:13 | Comment(0) | 切り方次第!キャベツレシピ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


簡単レベル1 茹で方でこんなに変わる、茹でジャガイモのレシピ



potato_boil.JPG


日持ちが良いジャガイモでも、放っておくと芽が出てきてしまう。
どんな料理や味付けにも相性の良いジャガイモだけど、キャンプなどでは火が通りにくいのが難点。


でもこの方法で下茹ですれば、そのまま食べてもしっとりしていてボソボソ感がない。どんなジャガイモレシピにもすぐ使える基本技。


しっとり茹でジャガイモのレシピの続きを読む
posted by 炊事当番 at 16:17 | Comment(0) | ジャガイモ(じゃがいも)のレシピ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


簡単レベル1 茗荷(みょうが)の醤油バター炒めのレシピ


茗荷(みょうが).jpg


まずその色形がステキ。
お釈迦様を思わせるような曲線美。
淡い白と黄色にグラデーションを作るほのかな朱色か紫色か。

香りがとても強く、蕎麦の薬味として、あるいは刻んで肉のソースにエシャレットの代わりにも使える。
ウチでは脂の乗ったマアジの握り鮨に、細切りにした茗荷をのせて頂く。

その他天ぷらの具にしたり、生姜や万能ネギ、青じそとともに刻んであわせておいて、ポン酢をかけて焼き魚、焼肉と一緒に食べるとさっぱりしていて夏バテなんて言葉をそれこそすっきり忘れさせてくれる。

真夏が旬の野菜だけに、食欲を増進させる重宝する野菜。

大好きなこの野菜を主役ににて食べたいと思い、作ってみた一品。


続きを読む
posted by 炊事当番 at 12:05 | Comment(0) | ネギ(長ネギ、玉葱)のレシピ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


簡単レベル1 味噌汁にも使える万能調味料、ネギ味噌



寒い日でも海で遊ぶのが楽しい。

ウェットスーツに震えながら着替えて、透明度の高い海でスキンダイビング(素潜り)を楽しんだり。


カヤックにのって浅い岩場をすいすい進むと、真冬はとても海が澄んでいるから、ぴゅっと逃げる魚が上から見える。




でもやっぱり寒いことは寒い。
だから焚き火番を残して、しっかりと暖を確保することも大事。
海岸を歩き回って枯れ木や流木をかき集める。
じっくりと火を熾して、お湯を沸かしておいてもらう。

充分遊んだと思ったら、体から湯が立つほど寒い海岸で、急いで着替える。
いきなりクーラーボックスから取り出したビールもおつなものだけれど、まずは体を暖めたい。

焚き火に当たりながらコッヘルにネギ味噌をスプーン一杯入れて、熱々のお湯を注ぐ。

かき混ぜるとネギのつんとした香りと味噌のいい匂い。
簡単に飲める最高に旨い味噌汁。
ビールと味噌汁を交互に飲むと、胃袋がじんわり温まりながら、ビールも一緒に入ってきてじんわりひんやり。

123-2334_IMG.jpg

超簡単!ネギ味噌レシピ

作り方(レシピ)
材料(4人分) 分量(目安)
長ネギ 1〜2本
味噌 大さじ2
鰹節 一つまみ
梅干し 少々
豆板醤 小さじ1


@ 長ネギをみじん切りと味噌を5対1の分量で混ぜ合わせる。
A 鰹節、たたいた梅の実と豆板醤を一緒に和える。
B 一晩冷蔵庫で寝かす。


これじゃあ長葱が多いんじゃないのというくらい長ネギを入れても大丈夫。
かき混ぜるうちにネギから出る水分で程よくなじむ。
一晩立つともっとねっとり。


味噌汁で飲んだら、ゆっくり調理。
たとえばホイルに包んだジャガイモを焚き火に放り込み、焼きあがったらネギ味噌をつけて。
たとえば焼きおにぎりを作って、ネギ味噌をつけながら。


本当に応用幅の多い万能調味料。
1週間は冷蔵庫で保存できるので、週末前にたっぷり作り置き。
タッパーに入れて持ち出そう。
posted by 炊事当番 at 10:28 | Comment(0) | ネギ(長ネギ、玉葱)のレシピ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


産直まるごとポテト@ロッテリア池袋店



産直まるごとポテト

ロッテリアの産直まるごとポテト。


そう、丸ごと揚げたポテトが丸ごと1個入っている。

>153.JPG


旬に合わせて産地を選び、そのとき一番美味しいジャガイモを揚げて食べてもらおうという企画だ。

キタアカリの産地は北海道。
開拓時代に虫に強い、繁殖力の強い品種を作ろうと、男爵芋から作られた比較的新しい種類。


値段は小から大まで合って
小270円、中290円、大320円。

写真のまるごとポテトは290円の中サイズ。
能登半島の珠洲の粗塩がついているので、ペーパーに開けて、ポテトを食べてみる。

あげる前に若干ふかしてから、下のほうだけくっつけたままカットしてある。その後に揚げたようで、一つずつ奥までこんがり揚がっている。

一つつまんでみると中はキタアカリの特色である濃い黄色。
塩によく合うサツマイモのようなねっとり感のある甘さです。


300円が高いかどうかは皆さんの判断ですが、正体不明の産地が多い中、きちんと自分をアピールしたいい野菜っぷりに1票というところです。


周りを見回してみると、結構高校生などの若い女性も注文している。
もっともっと日本各国の野菜が注目されるといいですね。
posted by 炊事当番 at 14:55 | Comment(0) | 外食で見つけた!野菜メニュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
料理ランキングに参加中!このレシピちょっと旨そうかなと思ったら応援よろしくです、→にほんブログ村 料理ブログへ